top of page

おすすめ書籍:3日食べなきゃ7割治る!



 

クスリは"毒"だと言っても聞く耳を持ちません。

今や、医者も「クスリは病気を治せない」とはっきり認めています。


<病気を癒す。治す。方法は5つ>

1.少食

 ファスティング(断食)

 風邪、腹痛、下痢、便秘、

頭痛、水虫、腰痛

 アトピー、乾癬症、花粉症

 うつ、糖尿病、甲状腺疾患、etc.


2.笑い

 NK細胞が6倍も増える。

免疫力がUP

アトピー、リウマチ、糖尿病、

高血圧


3.感謝

 「ありがとう」万病を癒す


4.長息

 息を深く、長く吐く。

副交感神経が働き、血行が

促進され、   

 あらゆる病気が治っていきます。


5.筋トレ

 筋肉からは病気を治す若返り

ホルモンが放出されます


*3食きちんと食べると、それを

消化、吸収するための

消費エネルギーはフルマラソンを

走り抜くことに匹敵するとも言わ

れています。


*空腹感が生命力にスイッチオン

細胞内から排毒が促進され、全身の新陳代謝が加速され、生命機能がよみがえる


P20面白い


☆ファスティング10大高能

1.体質を変える

(体の大掃除で自己治癒力を

呼び覚ます)


[体毒]を取り除く


2.快感をもたらす

(朝食抜きこそ体に良い!)


*空腹は記憶力と言う脳活性の

スイッチをオンにする


3.エネルギー利用法が変わる

(断食で頭が冴える理由)


α波: 心身をもっともリラックスした

状態で出てくる脳波


β-エンドルフィン: 快感ホルモン


*体も脂肪をケトン体に変えて

 エネルギー源とする


*体質が変わり、体内のエネルギー利用の方法が変わってくることによっても、体脂肪が減ってくる


4.宿便を排泄する

(万病の原因*血液の汚れ*を浄化)


○老廃物が完全に排泄されていない

のに、食べてしまうから、血液が

汚れる


○血液浄化のベスト方法は断食で

ある


5.環境毒を排泄する

(最強のデトックス効果があります)


○断食で尿中に大量の農薬が排泄

された


6.自己融解を起こす

(体の悪いところが分解、

排出される)


生命維持に栄養を取り入れて、エネルギーに変える、血管内に沈着しているものもきれいになくなっていく


7.遺伝子を活性化する

(老化を防ぎ、難病を劇的に治す)


*若返り遺伝子19個がオンになる


*体質がガラリと変わる


8.スタミナをつける

(腹が減るほど元気になるぞ!)


例: 力道山が世界選手権のとき、

1日何も食べずにリングに

上がった。

 

力道山いわく[食べたら力が出ない]


<そう言えばボクシングもそうだ>


9.免疫力を上げる

(白血球や胸腺・副腎の重量が

増大する)


10.活性酸素を減らす

(万病と老化の元凶*酸化毒を防ぐ)


○プチ断食(朝食抜き)でも活性酸素

は13%減る


断食は病気を治すためだけでは

なく、生命力・精神力を高めてく

れます。そして老化を防ぎ、

若さを保ちいきいきした生命を

おうかさせてくれるのです


<断食にも色々あります>

○プチ断食:

 朝食を抜く、一生続けられる


○1日1食:

作者のライフスタイル

 お腹が減ったときに食べる。

(夕食)


○3日断食:

本書ではこちらをすすめている

 本格断食の入り口にすぎない


○7日断食:

自宅でも可能、専門家の指導の

下でやるのがのぞましい。


○20日断食:

かつては通常期間だったが、

現代人は体力が落ちているので

今は2週間ほど


○水断食:

もっとも古典的な方法。

 水分と塩分の補給のみで行う。

 7日でも管理者の下で行う方が安心


○野菜ジュース断食:

野菜や果物ジュースなどを摂りな

がら行います。身体も楽です。


○酵素断食:

生体に必要な酵素のみ補給しつつ

行う


[大切なことは、心構え]

不安感や恐怖感を抱いて行ってはいけません。それはマイナスの効果のみ与える。

これで、健康になれる。スリムになれる。そうポジティブに考えて、

ワクワクしながら始めるのが

大切です。

断食中に不安感などに襲われたら、そこで中止するのが賢明です。


○風邪:

断食でクスリ一切なしで全部完全

に治ります。

 結局、腸なので、「洗腸」が1番

 効果が早いです


○だるさ:

過労などは食べないで休んでいれ

ば3日くらいで治ります

「微熱、頭が重い、倦怠感など

不定愁訴は、半断食2日で

治ります。」


●朝食は食べない方がよい

 1日の生理リズムから見ても朝は

 『排泄』の時間で、食べなくても

 かまわない。

夜7〜8時頃に夕食をすませ、

翌日の昼頃まで食べなければ

 16〜17時間は消化管を休ませる

ことができます。

 

●腸が非常に汚れている

 その毒素とはコレステロールや

 中性脂肪、カビ、病原菌、

白血球死骸


●動物タンパク 

 肉・牛乳・卵は史上最悪の

発ガン物質


[マクガバンレポート]

 あなたの病気の原因は食べた物

 1977年以前の日本食がよい。

 ガンは食べ物から

 

[チャイナスタディー]

 動物性の食べ物は良くないのでは

と言っている


○老化タンパク質が減ると若返る

・食事制限は、歳を若い頃の状態に

 リセットすることができる可能性

がある

・空腹や飢餓状態におかれると、

生体は体内の異常な老化タンパク

質を分解・除去して排泄して

しまう(排毒作用)


○他の遺伝子を”傷”から守る

 長寿遺伝子(サーチュイン)は

「活性酸素」や「紫外線」から保護

して、傷つかないようガードして

いる


○断食で精力がよみがえる

 最上で絶妙な回春法です


*断食中は頭が冴え、五感が鋭く

なり、神経も安定する

 [1つのテーマを徹底して考えたい

 ときや、人生上の判断に迷うとき

 などには良き力となる]


○「断食」と「笑い」は

万病を治す2大療法


❶嫌なことがあったら

「ありがとう」と言うこと。


❷良いことがあったら

「感謝します」と言うこと。


○東洋の養生秘伝

1.小食長寿 2.長息長命


○若さホルモン「マイオカイン」

 (筋肉より分泌)

「筋肉量」と「運動量」に比例する


○入院1日で1年分老化する

 「70歳を過ぎて入院させると、

  1日1年のペースで老化します」

わずか10日の入院でも80歳の

体力に衰弱してしまう❗️


○筋肉は、最低5秒間、最大負荷の

80%異常の力を加えると、

急速に増強される!

[あとは、実行と継続あるのみ

です]

Comments


bottom of page